FC2ブログ

プロフィール

たかサン

Author:たかサン
ご訪問有難うございます^^

末永くお付き合いください^^


FC2ブログランキング


最近のコメント


最近の記事


おすすめ^^


おすすめ^^


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼酎熟成サーバー1100cc+喜界島酒造 黒糖焼酎くろちゅう 喜界島 900ml 焼酎熟成サーバー1100cc+喜界島酒造 黒糖焼酎くろちゅう 喜界島 900ml
¥3,430円
黒糖焼酎は日本の中でも鹿児島県の
奄美大島郡島と呼ばれる島々の蔵元でしか、
製造許可されてない珍しい焼酎です 。
喜界島酒造

焼酎のニューウェイブ黒糖焼酎
本格焼酎といえあば芋、麦、米が三大メジャーであるが、最近にんって注目せれ、めきめきと人気の頭角を現してきたのが黒糖焼酎だ。黒糖焼酎は、原料に黒糖を使い、鹿児島県の奄美諸島だけで造られている、ちょっと珍しい焼酎である。
奄美諸島は鹿児島市の南西370~560kmに位置する、鹿児島と沖縄の間に浮かぶ島々で、有人島は8島。そのうち、奄美大島、加計麻呂島、徳之島、喜界島、沖永良部島、与論島の6島で、黒糖焼酎が造られてる。
サトウキビは17世紀の江戸時代のころ、沖縄から渡って栽培されるようになった。
黒糖焼酎の特徴といえば、まさにラム酒に似た甘い香りである。
それに、米麹を使うことによって、スッキリした飲み口がプラスされているので、近年都心部や女性を中心に人気が高まっている。◆喜界島の黒糖がいい訳
では、なぜ、喜界島ではこのような上質の黒砂糖ができるのでしょうか?それは、珊瑚礁の島土が、さとうきびの成育に適していることと、日照時間が長いからだといわれています。亜熱帯性気候で、しかも高い山が少ないため、日の出から日の入りまで、一日中さんさんとふりそそぐ太陽の光を一杯に浴びて、ぐんぐん糖度をあげていくのです。更に、土地が珊瑚礁でできたアルカリ土壌であるため、水はけが良く余分な水分や不純物を含まず良質なさとうきびが育ちます。また、喜界島は亜熱帯性気候で、しかも高い山が少ないため、黒砂糖の原料であるさとうきびは日光をたくさん浴びることができ大きく育ち、更に、土地が珊瑚礁でできたアルカリ土壌であるため、水はけが良く余計な水分や不純物を含まず良質なさとうきびが育ちます。
◆焼酎熟成サーバー1100cc夜の夜長の心も体も『癒す』ひと時に、
この焼酎熟成サーバーで贅沢な気分を味わって
下さい。

奄美大島郡島と呼ばれる島々の蔵元でしか、
製造許可されてない珍しい焼酎です 。
喜界島酒造 黒糖焼酎くろちゅう 喜界島 900ml

仕様 素材:陶器
    サイズ:19.5×H33cm
            (木台含む)
    重量:1.4Kg(木台含む)
    容量:約1100cc
    専用受け台付き(木製)
    専用コック付き
喜界島酒造
黒糖焼酎
くろちゅう 喜界島 900ml
焼酎、泡盛、ブランデーなどの蒸留酒を詰めていただき長時間熟成させると『かめ熟成』が進み、一層飲みやすくなります。
又、陶器の瓶に保存する事で、対流し、赤外線効果の為、とてもまろやかになります。
手軽に楽しめる『焼酎熟成サーバー』です。また、仕次ぎをすることによって熟成の旨味も楽しんでいただけます。
仕次(しつぎ)熟成とは、熟成中の焼酎に新たに仕込んだ焼酎を継ぎ足してゆき、全体を熟成させる独特の方法です。 そのため安定したまろやかな味わいを生み出します。 日本の焼酎には、他の蒸留酒にはない原料の豊富さがあります。
先ず米、麦はもちろん、そば、いも、黒糖、クリ等等バラエティーに富んでいます。
また、薄くても濃くても、あるいは熱くても冷たくても・・・・自らの酒量に応じて自由奔放に飲める楽しさがあります手作りの万古焼き仕込みで熟成させる『かめ熟成』を楽しんでいただけます。
かめの内側にある微細な孔の作用によって焼酎が呼吸を繰り返し、陶器に含まれる鉱物物質により、熟成が促進される作用があります。
それが、焼酎をまろやかに熟成させる働きなのです。ホームパーティなどであらかじめ日程が決まっているような場合に特におすすめなのが、
三日前から焼酎6:水4の割合で寝かせて置くと・・・・というのが非常に美味しいですよ!!※この商品は手造りなので、若干サイズ、風合いが異なる場合があります。焼酎熟成サーバー1100cc3500円

黒糖焼酎くろちゅう 喜界島
900ml
                             1100円
合計
          4600円
3430円
この焼酎サーバーの
ために新しく開発された
パッキンです。
陶器に金具をしっかり
取り付け、水漏れを、
起こすことがありません。

さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/16に作成しました。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。